MT2000Ⅱの紹介について (Japanese)

今年新発表した第2世代のMT2000Ⅱは第1世代のMT2000より出力電流を増加して、制御ソフトウェアをアップグレードしました。

また、100V・200V兼用なタイプなので、出張工事でも電源確保が簡単です。

この一台で半自動溶接(ノンガス・ガス・ミクスガス兼用)/ 手棒溶接 / TIG溶接と様々な溶接が可能です。

MMA手棒溶接

Hot Start

溶接スタート時に瞬間的に電流値を上げ、アークスタートがスムーズに行えま

す。

 

Arc Force

溶接棒が溶けていく中で、対象物との距離が離れても一定まで溶接が継続します。

 

Anti Stick

溶接スタート時に溶接棒がくっ付きにくく良い溶け込みが得られます。

 

MAG半自動溶接

Wire Speed 

溶接する時にワイヤー速度を制御。電流が大きくなるとワイヤー速度が速くなる。

 

Mix Gas 

ミクスガス溶接に対応でき、ビード外観が美しくて、スパッタの発生が極めて少ないです。(MIG半自動溶接のみ)

 

Burn Back

溶接後のワイヤ先端の大きさを制御。再アークスタート性が向上。

 

Spot Time

点溶接時の溶接時間を制御。

 

Lift TIG溶接

TIGトーチ(別売)を接続すればリフトスタート式のTIG溶接が可能。

主にステンレス・軟鋼の溶接に。

 

eature

特徴

 

特徴01.

100V/200V兼用のマルチ溶接機

一台で半自動溶接(ノンガス・ガス・ミクスガス)/ 手棒溶接 / TIG溶接 と様々な溶接が可能。

※TIGトーチはオプション

 

特徴02.

シナジーモードを搭載・多彩な調整機能付

シナジーモードでは、溶接方式、使用する母材(材質/板厚)、溶接材料(径)を設定すると条件に適した出力電圧・電流が自動設定されます。

また、シナジーモードに加え、多彩な調整機能も液晶デジタルパネルで簡単設定でき、保存・呼び出しも可能。

 

特徴03.

ミクスガスMIG溶接

ミクスガス溶接に対応でき、ビード外観が美しくて、スパッタの発生が極めて少ないです。(MIG半自動溶接のみ)

 

特徴04.

薄板溶接に適応

薄板溶接に使用できるΦ0.6ワイヤに対応。

ノンガスでも板厚0,6mmからの薄板溶接が可能。(PF-04/PF-54軟鋼用ノンガスワイヤΦ0.6使用)

 

特徴05.

最先端なIGBTインバーターシステム

42〜52 kHzの逆周波数は溶接機の体積と重量を大幅に減少させた。

MIG/TIG溶接など、様々な溶接シーンで活躍します。

 

特徴06.

使用率オーバー防止機能付

過熱や過電流の場合では自動的に電源が切れます

 

配属品

MIG MB15ABトーチ、接地コード 、溶接棒ホルダーケーブル 、フラックス入りワイヤ0.8mm、ガスホース、ホースバンド2個。

 

仕様

溶接可能板厚:MIG 1-10mm、Lift TIG 1.2-6mm、ARC/MMA 2-12mm。

適用溶接棒:1.4φ~3.2φ。適用ワイヤー:φ0.8/1.0。

 

 

FAQ

1.単相200Vで使用可能ですか?

単相200Vで使用可能です。

 

2.TIGのトーチは付属していますか?

LIFT TIGのトーチは別売りです。WP 17Vをおすすめします。

 

3.半自動でアルミの溶接はできますか?

この機種では対応出来ません。

 

4.ワイヤーの送り速度は変更できますか?

出力電流によって変わると、電流が大きくなり、ワイヤーの送り速度が速くなります。

 

5.ワイヤーは送れるがMIGで溶接出来ない

ご連続方式を確認してください。ノンガスMIG溶接する時、接地コードを陽極ソケット(+)に接続するだけです。ガスMIG溶接する時、接地コードを陰極ソケット(-)に接続します。

You have successfully subscribed!
This email has been registered